「その恋はタブーですか?」ネタバレ無料試し読み

「その恋はタブーですか?」あらすじ

 

エッチなシーンも過激な描写ではないので女子には抵抗ないかも?

オフィス風景がリアルすぎるのでOLの方は身近に感じたのではないかと思います。

こんな上司や後輩がいたら自分だったらどんな行動をとるのかな?

自分と重ねて堪能できるのがこの漫画の良いところだと思います。

 

「私を愛してくれるこの人には、大切な人がいる」上司の東堂は、仕事はもちろん、接し方も紳士的でカッコ良い、正に理想の上司そのもの。そんな東堂に憧れていた宮瀬香奈は、ある日を堺に彼と男女の仲になるが、嬉しさと同時に別の感情に襲われていた。それは、東堂の薬指に光るモノからの背徳感───。「もう終わりにしよう」何度も伝えようとしたけれど、彼に求められる事に喜び、夢中になってしまう…。そんな関係が続いていたある日、飲み会で知り合った年下の三坂から「二人で飲みに行きません?」と誘われる。急な事に嬉しさと戸惑いを感じているその時、東堂から「これから会えないか?」のメールが届く。このまま三坂を選べば何かが変わるかもしれない、だけど……。

 

「その恋はタブーですか?」見どころと感想

 

見どころと感想1

この漫画は禁断の恋、不倫がテーマです。

禁断の恋である不倫はイケナイ事だと頭では分かっていても、体が言うこと聞かず好きだという気持ちが止まらない。

反道徳的な事をしていると分かっているからこそ苦しく切ないものなのです。

会社の上司と部下というよくある不倫のケースで、自分がこの漫画と同じ環境に置かれたら、どんな行動をとるのか?

素敵な上司に誘われるまま逢瀬を重ねてしまうのか?

どこかでブレーキがかかるのか?自分と重ねて夢中になって読んでしまいました。

 

見どころと感想2

ヒロインは上司と不倫継続中。

そんな折り、ヒロインのことが大好きな年下で純な男性が現れます。

誠実な彼の想いに、「不倫早くやめて!」と思わず叫びたくなりました。

不倫している上司と年下くんの狭間で揺れる主人公の気持ちがリアルに描かれていて共感です。

早く年下くんとラブラブになって上司と別れて欲しい!そんな気持ちのまま読み進めました。

上司にいいように都合のいいようにされているだけだよ!早く目覚めて!

「いつまで不倫してるの?いつかはポイと捨てられるだけだよ。不倫に未来はないんだよ」

ついヒロインに説教したくなってしまいました。

やっと思い通じた矢先に今度は海外転勤でこの先どうなっちゃうのでしょう?

ネタバレすると興味半減になってしまうからこの辺で筆を置きます。

 

見どころと感想3

正義感の強い私の友達にはこの漫画不評でした。

あることがきっかけでヒロインが上司に告白するんだけど、上司は既婚なんだから断らないといけない。

その場の流れで一度過ちを犯したとしても、ずるずる不倫継続する上司は悪い奴だ!

いずれ捨てられるのがオチ!なんでそんなのこと分からないの!

それにこの上司はずるい。

ヒロインが他の男のもとに行けば嫉妬するし身勝手すぎる。

今までさんざんいい思いをしたんだから、今までありがとうと言ってさっと別れてあげればいいのにね。

怒っていましたね私の友達。

でも私はそんな強い事言えないです。

自分がヒロインだったら同じことをしていたかも?

友達に怒られそう?

 

見どころと感想4

仕事で頼りになるイケメン上司に誘われたら皆さんどうしますか?

不倫はイケナイことだと皆が皆思っていることだと思いますが、いざそんな場面に遭遇したら100%断れますか?

しかも自分から憧れの上司に告白したんですよ。

思いがけず受け入れてもらったなら、抗われないと思いませんか?

心惹かれる人に言い寄られたら不倫と分かっていてもOKの方へ心動かされませんか?

不倫に抵抗がある人には不快に思う漫画かもしれませんが、ダメだと分かっていてもダメな方向へ進んでしまう。

漫画のテーマは不倫ですが、それ以外の事でもダメな方向へ動いてしまう事もある、深堀すればそういうことも伝えているのかもしれません。

ズルズルと不倫にハマって抜けられないヒロインは苛立つのですが、体が動かない。

なかなか別れられないヒロインの気持ちもわかるような気がします。

エッチシーンはあっさりしていてくどくありません。

多くの女子には好感を持って受け入れてくれる描き方だと思います。

不倫から抜け出せないヒロインは、上司に上手くコントロールされていると感じました。

上司はずるいぐらいにヒロインを利用していますね。

ちょっとずるい男でないと部長になれないのかもね?と思ったりします。

たかが漫画かもしれませんが、この漫画を通じて世の中のいろいろな事感じませんか?

私もしかしたら考えすぎて過剰に反応しすぎかな?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です